英会話や英検対策で多言語対応が求められる現代で生き残る

教育機関を利用して専門知識を身に付ける

増加傾向の受験者

英検を受験する人は増えていく

英検(実用英語技能検定)を受験する人もいると思います。また、学生の頃に合否は別として1回は受験したことがある人もいるかもしれないです。ちなみに、英検は年に3回受験のチャンスがあり、また地域別に会場が設定されていたり、学校や団体などでも試験が行われているので、英検は受験しやすい検定だと思います。 ほとんどの人が英検を取得(受験)する理由は、英語力をつけることだと思いますが、英検の資格を持つことでいろいろなメリットがあります。例えば、高校や大学入試の合否判定に優遇されたり、級に応じて英語の単位として認めてもらうことができる単位認定制度もあります。また、履歴書に載せることができるので、就職のときにも(取得級が上ほど)有利になります。昨今の英語熱の高まり(小学生以下も勉強する時代)から、英語は必要になっています。なので、英検を受験する人は増えていくと思います。

合格するには対策をすることが大切

英検には各級があります。5級は中学初級程度、4級は中学中級程度、3級は中学卒業程度、準2級は高校中級程度、2級は高校卒業程度、準1級は大学中級程度、1級は大学上級程度です。ちなみに、3〜1級は二次試験として面接試験があります。 短期の英検対策として過去の問題集を解くことをオススメします。長期的な英検対策は、高校生用の文法書や問題集を何度も繰り返し解くことです。また、英検対策としてライディングやリスニングも大切です。表現力をつけるために、できるだけ多くの英文を読む、また英語を聞きながら聞こえた英語をそのまま口に出して繰り返しすシャドウニングを徹底的に行うことで、集中的に取り組むことができます。自分なりの英検対策を見つけるのも良いと思います。

Copyright © 2015 英会話や英検対策で多言語対応が求められる現代で生き残る All Rights Reserved.